オンラインのプライバシーとセキュリティを向上させる方法


インターネットを使用すると、オンラインのプライバシーとセキュリティに影響を与える良い習慣と悪い習慣の両方が形成されます。たとえば、Facebookプロファイルを使用して他のオンラインアカウントにサインアップするのは悪い習慣です。それどころか、定期的にFacebookアカウントのプライバシー設定 を確認し、2要素認証などの機能を有効にすることは良い習慣です。

良い習慣はオンラインのプライバシーを保護し、セキュリティを強化しますが、悪い習慣はあなたを危険にさらします。あなたのオンライン活動にいくつかの健康的な習慣を加えることによって、あなたがインターネット上でどのように振る舞うかを制御し、それを好転させることを学びましょう。

オンラインのプライバシーとセキュリティを向上させる方法

インターネット検索からの迷惑な広告があなたを追いかけているのか、それともスパムなのか。オンラインプライバシーについて考えさせられた電子メールの受信トレイに注ぐと、物事を変えるのに遅すぎることはありません。より良いインターネットユーザーになり、オンラインでプライバシーを保護するために使用できるヒントをいくつか紹介します。

安全なブラウザの使用に固執する

まず最初に、安全で安全なブラウザを使用しているかどうかを確認してください。安全なブラウザは、インターネットの脅威の発生を防ぐのに役立ちます。アクセスしたウェブサイトやログイン情報やパスワードなどのデータを収集するCookieを停止します。安全なブラウザは、競合他社とは異なり、IDを保護し、IPアドレス、場所、その他のデータを共有しません。

最も安全なブラウザのリストには、Firefox 、Google Chrome、クロムブレイブ とTor、オンラインでの匿名性が心配な人にはTorは最も強力なオプションです

ただし、安全なブラウザを使用しても、オンラインセキュリティが保証されるわけではありません。オンラインプライバシーの保護に役立つブラウザセキュリティツール のいずれかを使用して、保護の別のレイヤーを追加できます。

<!-
In_content_1 all:[300x250] / dfp:[640x360]
->

Secure HTTPSWebサイトのみにアクセス

HTTPS、またはHyperText Transfer Protocol Secureは、任意のWebアドレスを開始する標準HTTPの暗号化バージョンです。 HTTPSは、データがブラウザとサーバー間で送信されるときにデータが暗号化されることを保証します。ウェブサイトがHTTPSの使用をサポートしている場合、それは自動的に有効になります。 HTTPSがサポートされているかどうかは、アドレスバーの鍵のアイコンで確認できます。

HTTPSをサポートするWebサイトにのみアクセスするようにすることで、ハッカーの攻撃から保護し、データが傍受されたり改ざんされたりするのを防ぎます。

閲覧時にVPNを使用する

ブラウザのプライベートブラウジングモード を使用することは、オンラインプライバシーを改善するための正しい方向への第一歩です。とセキュリティ。これは、閲覧履歴がログに記録されず、閲覧セッション中に生成されたすべてのCookieが削除されることを意味します。同時に、サードパーティの監視をブロックする最も効果的な方法ではありません。インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、引き続きオンラインアクティビティを追跡できます。

ここでのより良い解決策は、ブラウザ拡張機能 の形式でVPNを使用することです。 、またはコンピュータ上の独立したアプリケーション。 VPNを使用すると、接続が安全になり、データが暗号化されます。プロバイダーに表示されるのは、ブラウジング時にプライベート接続を使用していることだけです。

パスワードマネージャーでアカウントを保護する

オンラインで使用するログインとパスワードの詳細をすべて覚えていますか?もしそうなら、それはおそらくあなたがあなたのパスワードを強化する必要があるというサインです。最大限の保護を実現するには、ログインの詳細は次のガイドラインに従う必要があります。

  • パスワードには文字(大文字と小文字)、数字、記号を組み合わせて使用​​します。
  • 必ず確認してください。パスワードは十分な長さです。12文字以上を使用してください。
  • 同じパスワードを再利用しないでください。
  • アカウントごとに異なるパスワードを使用してください。
  • これらの推奨事項に従うと、さまざまなアカウントのすべてのログイン詳細とパスワードを追跡することが困難になります。 パスワードマネージャーの使用 はそれを助けることができます。パスワードマネージャーを使用すると、マスターアカウントのユーザー名とパスワードを1つだけ覚えておく必要があります。ソフトウェアは、すべてのアカウントの解読不可能で一意のパスワードの詳細を生成することにより、残りの処理を行います。

    ソフトウェアを定期的に更新する

    より大きくて優れた機能と使いやすさにアクセスできるほか、ソフトウェアとシステムの更新にはバグ修正とセキュリティが付属しています-関連するパッチ。ハッカー、マルウェア、ウイルスが個人情報を傍受するために使用する方法の1つは、古いソフトウェアを使用することです。

    コンピュータソフトウェアを定期的に更新すると、システムの脆弱性が排除されるため、多くの問題を回避できます。最良の結果を得るには、自動ソフトウェアアップデートを設定する を実行し、すべてのアプリケーションが意図したとおりに機能することを確認してください。

    オンラインアカウントの2要素認証を有効にする

    2要素認証または2段階認証は、オンラインアカウントのセキュリティの追加レイヤーです。ログインの詳細に加えて、ハッキングから身を守るために使用できます。スマートフォンで受け取るコードの形式で提供されます。このコードは、アカウントの所有者であることを証明するために、パスワードの後に​​ウェブサイトに入力する必要があります。

    携帯電話のテキストメッセージでコードを取得するか、Google認証システム などの認証アプリを使用してコードを取得できます。これは最も便利なセキュリティ対策ではないかもしれませんが、アカウントを安全に保つことは確かです。

    ソーシャルネットワークのプライバシー設定を確認する

    Facebook、Snapchat、Instagram、Twitterなどの人気のソーシャルネットワークにはすべて、定期的にプライバシー設定があります更新しました。時々更新をチェックすることをお勧めします。

    使用するすべてのソーシャルネットワークのプライバシー設定セクションを確認し、共有される個人情報の量に満足していることを確認してください。ネットワークを使用して、他のユーザーに表示されます。

    予防的なセキュリティ対策でオンラインプライバシーを保護する

    後で結果に対処するよりも、何かが起こらないようにする方がよいでしょう。 アカウントがハッキングまたは侵害される のいずれかになるまで待たないでください。代わりに、これらの単純な予防的セキュリティ対策を講じることによってコンピューターを保護する

    オンラインのプライバシーとセキュリティに関心がありますか?オンラインで身を守るためにどのような対策を講じていますか?以下のコメントセクションで、セキュリティのヒントを共有してください。

    <!-AIコンテンツ終了1->

    Related posts:

    コンピュータにテキストを読み上げる方法 PremiereProからソーシャルメディアにビデオをエクスポートする方法 PS4コントローラーをAndroidに接続する方法 古いラップトップをChromebookにする方法 Adobe Premiere Proでキーフレームを追加する方法 Googleドキュメントの使用方法:初心者向けガイド LinkedInプライベートモードとは何か、それを使用してプロファイルを表示する方法

    3.10.2020