YouTube動画に使用するロイヤリティフリーの音楽のベストリソース


この記事では、YouTubeビデオで使用するロイヤリティフリーの音楽を見つけるために使用できる多くのリソースを見ていきます。また、使用する音楽によって著作権侵害の申し立てが行われないことを確認する方法、および受け取った場合にどうなるかについても説明します。

うまくいけば、この記事を読み終えるまでに、 YouTubeで音楽の著作権がどのように機能し、動画を確実に収益化できるようにするためにあなたが良い側に留まる方法についてしっかりと理解します。

ロイヤリティフリーの音楽を見つける方法

最初に、ロイヤリティを見つけるためのベストウェイを見てみましょう。 YouTube動画の無料音楽。 sourcesonlineがたくさんあるので、あなたのビデオや好みに合った音楽を見つけるのは非常に簡単です。

このセクションでカバーする内容の簡単な概要を次に示します;

  • YouTube検索による著作権フリーの音楽
  • YouTubeはロイヤリティフリーの音楽を提供
  • 最も安全なオプションから始めましょう。これは、YouTubeが直接提供するロイヤリティフリーの音楽を使用することです。 YouTube.com/audiolibrary/music に移動するだけで、何千もの無料の音楽トラックや効果音を閲覧できます。

    これらのトラックはロイヤリティが無料であるだけでなく、誤って著作権を取得することを心配せずにビデオで使用できます。 YouTubeは、著作権侵害の申し立てを回避するために、このページに明確に音声を提供します。

    探しているものを正確に見つけることができない場合でも、このページを使用して、ジャンル、楽器、期間で音楽をフィルタリングできます、さらにはムードもあり、ニーズに合った音楽を見つけるための強力なツールになります。サウンドエフェクトタブも便利です。サウンドカテゴリごとに整理でき、これらのサウンドはすべて自由に使用できます。

    次に、YouTube自体のさまざまなチャンネルから著作権フリーが提供されます。 「著作権フリーの音楽」の簡単な検索を実行すると、しばしばいくつかの有用な結果が返されます。

    「著作権フリーのピアノ音楽」や「著作権フリーのコメディ音楽」などの特定の用語を含めて、より具体的な曲を見つけることもできます。動画のタイトルに著作権が含まれているからといって、YouTubeで無料で使用できるわけではないことに注意してください。

    ビデオの説明を注意深く読み、適用されるルールを確認してください。多くの場合、アーティストを称賛する限り、無料で曲を使用することが許可されていると表示されます。場合によっては、ビデオでは、Webサイトで最初に支払いを行って歌を使用する必要があると記載されている場合があります。これらは避けてください。

    まれに、これらの曲を使用して、著作権フリーとマークされているため、著作権侵害の問題が発生する可能性があります。どの時点でも、アーティストは署名を取得したり、コンテンツの著作権を設定したりできます。これにより、それを宣伝する古い動画が無効になる可能性があります。これを回避する方法については、次のセクションで詳しく説明します。

    音楽でデモネット化されないようにする方法

    リスクを避けたい場合は、この記事の前半でリンクした音楽ライブラリでYouTubeが提供する音楽とサウンドを常に使用する必要があります。ただし、少し楽な音楽に進んで進んでいく場合は、以下で説明する手順を実行することで、動画のデモが行われないようにすることができます。

    ステップ1 –音楽を使用する動画の説明を読むことを確認してください。説明にその内容があることを確認してくださいあなたは彼らの歌を自由に使用できますデモを行わずに

    ステップ2–必ず無料で提供されている音楽を申し立てる適切なルートをたどってください。通常、これはサードパーティのリンクであるか、Soundcloudなどの音楽Webサイトでホストされています。単にビデオから音楽をリッピングしないでください。

    ステップ3–動画に音楽を追加します。今後音楽を削除する必要がある場合に備えて、プロジェクトファイルを保存してください。次に、動画をYouTubeにアップロードし、処理しますが、アップロードはしません。

    ステップ4 –動画の説明、タグ、タイトル、サムネイル。パブリッシュを押さないでください。代わりに、動画を限定公開として設定し、完了を押します。心配する必要はありません。今後も非公開から公開に切り替えることができ、購読者は引き続き通知を受け取ります。

    次に、しばらく待つ必要があります。最善策は、約2時間待つことです。 YouTubeのコンテンツIDシステムが曲の著作物を検出した場合、メールで通知されます。その後、アップロードした限定公開動画を削除し、元のプロジェクトファイルに戻って、新しい曲を選択します。

    最初の手順を実行した場合、動画の著作権が申し立てられる可能性はほとんどありません。しかし、これにより、まれに発生することがないようにします。

    たとえば、著作権フリーのチャンネルにある曲を使用したが、そのチャンネルに公開された後、アーティストがレコードレーベルの署名を取得したため、無料で提供された情報が提供された

    上記の手順に従うことにより、まずシステムをテストして、このようなものの犠牲にならないことを確認します。これにより、安全な収益化が可能であり、再アップロードしてビューを失うリスクがないことを認識して、ビデオを公開できます。

    ビデオの著作権侵害の申し立てを受けた場合はどうなりますか?

    動画の著作権侵害の申し立てを受けた場合音楽を使うために、心配しないでください。チャンネルには影響しません。ほとんどの場合、獲得した収益は元のアーティストに送られます。場合によっては、ビデオの公開がブロックされます。

    このような著作権侵害の申し立ては、チャンネル違反と完全に異なるため、チャンネルが禁止される場合があります。会社がDMCA通知を手動で提出します。オーディオを使用する場合、特にこの記事のすべての手順に従う場合、これが起こることはほとんどありません。

    概要

    ここまで読んでくれてありがとう。ここまで読んだなら、次のことを学んでいるでしょう。

    • YouTubeチャンネルで安全に使用できる音楽を見つける方法。
    • それをテストする方法音楽はあなたの動画を破壊しません。
    • 著作権侵害の申し立てが行われた場合、どうして心配する必要はありません。
    • この記事が有用。 YouTubeの著作権またはコンテンツIDシステムについて質問がありますか?その場合は、下に質問を残してください。できるだけ早くご連絡いたします。

      Options for using music in your videos

      Related posts:


      13.05.2019